この度、新キャラクター&キャストを発表!

神田沙也加さんが伝説の女神、
”テレサ”を演じることが決定いたしました!


出演決定に伴い、インタビューをSPECIALページに掲載しました。

<テレサ> CV:神田沙也加
その力を得たものはあらゆる願いを叶えることができる…と、
宇宙に伝えられていた伝説の女神。宇宙の平安を願い続け、
テレザート星から強力な〈祈り〉の精神エネルギー波(コスモウェーブ)を放ち、
旧ヤマトクルーに危機の到来を知らせた。

神田沙也加さん演じる”テレサ”の音声初お披露目!
最新カットを使用した本予告の30秒verをMOVIEページにて公開いたしました。

さらに、本予告中に登場する”ズォーダー”のキャラクター設定及びキャストを
CHARACTERページに追加いたしました。



本作の音楽担当宮川彬良さんによる「宮川彬良&アンサンブル・ベガ、ニューイヤーコンサート」開催!

室内楽自主公演主催
宮川彬良&アンサンブル・ベガ ニューイヤー・コンサート
会 場  芸術文化センター KOBELCO大ホール  
開催日 2017年1月3日(火)
開 演  15:00 
(開 場 14:15)

チケット・詳細はこちらから
http://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertCalendar.aspx?md=5&ko=4281011331

こちらのイベントで初演予定の「室内楽の為のモンタージュ、宇宙戦艦ヤマト」を演奏予定の宮川彬良さんからコメントも到着しました。
---
年明け2017年1月3日、西宮の兵庫芸文センター大ホールで初演する「室内楽の為のモンタージュ、宇宙戦艦ヤマト」は宮川彬良とアンサンブル・ベガの肝入り作品です。宇宙戦艦ヤマト2202の録音を終えて興奮覚めやらぬ中、この作品を書き上げました。
前々からコロムビアのスタッフから彬良版「交響組曲、宇宙戦艦ヤマト」を熱望されておりましたが、かの1977年の作品があまりにも素晴らしく、また個人的思い入れも深いものがあり、今一歩踏み出すことを躊躇しておりました。
しかし今回「室内楽の為のモンタージュ、宇宙戦艦ヤマト」を書き上げ、かすかに次の1ページへの手掛かりがあったように思います。
昨今「交響組曲」と名の付く劇伴CDが横行しております。以前自分の手掛けたアニメの劇伴CDにもいつの間にか「交響組曲」という前置詞が付けられており、大変恥ずかしい思いをした経験がありました。
今回の作品は組曲ではありません。いま流行りのオマージュとも違います。コラージュに近いかと思いましたが辞書を引いてみるとこれもしっくりこない。精神的、あるいは無意識の領域でゆる〜く繋がるメロディーたち…そんな室内楽作品を「モンタージュ」と名付けました。
今のところ録音製品化の話しはありません。が、これから我がアンサンブル・ベガの大切なレパートリーとなるでしょう。
1月3日、兵庫芸術文化センター大ホール「アンサンブル・ベガ、ニューイヤーコンサート」にて初演致します。

宮川彬良
---

この度、新キャラクター&キャストを発表!

神谷浩史さんがその名の通り今後の“キーマン”となる新キャラクター、
クラウス・キーマンを演じることが決定いたしました!

出演決定に伴い、インタビューをSPECIALページに掲載しました。



<クラウス・キーマン> CV:神谷浩史
ガミラス帝国地球駐在武官。
バレルの命を受け、ヤマトクルーの動向を調査する。
身体能力に秀でており、パイロットとしての技量も一流。
普段は無口だが、たまに口を開くと歯に衣着せぬ毒を吐く


<ローレン・バレル> CV:てらそままさき
ガミラス帝国地球大使。思慮深い文官肌の人物だが、
時に剛腕ともいえる外交能力を駆使して地球の動向を把握し続けている。


最新カットを使用した本予告の15秒verをMOVIEページにて公開いたしました!

PAGE TOP