宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち

MENU
NAVIGATION

CLOSE

CHARACTER & MECHANIC

CHARACTER

  • 地球
    古代進

    古代進 (CV:小野大輔)

    24歳。ヤマト戦術長。
    争いを好まない穏やかな青年が過酷な時代と向き合う中、「地球を救う使命を帯びて」誰より多く引き金を引き続けることになる……その矛盾を古代進は背負い続けてきた。
    テレサとの対面を経た古代は、ヤマトと自分たちが《大いなる和の一部》として宿命づけられていることを知り、宇宙に生きるヒューマノイドすべての生存をかけた星間戦争の只中に踏み込んでいく。だが生来の優しさゆえに、古代は怨敵ズォーダーにすら最後の最後まで説得を試みる姿勢を崩そうとしない。多くの仲間の命が戦火に消え去っていく中、「引き金を引かない未来」の可能性にかけたひとりの小さな人間は、傷つきどこへ向かって行くのか──

  • 森雪

    森雪 (CV:桑島法子)

    23歳。ヤマト船務長。
    生来の記憶を事故で失っており、直近4年間の記憶しか持たない。
    自分が何者なのかも判然としない中で、雪は古代進と出会い、イスカンダルへの大航海を経て、共に生きる道を選んだ。古代との愛を育んだ4年という時間は、雪にとって生きる意味そのものだった。だがいま、雪の心の中に古代進は存在しない。
    《総員退艦》の混乱の中、頭部に衝撃を受け昏睡状態に陥った雪は、目覚めたとき古代と育んだ想い出の全てを失っていた。
    見知らぬ艦《ヤマト》の中で、見知らぬ他人となった古代進を見つめる雪。
    彗星都市帝国との決戦の只中、雪の心の中に瞑る愛はなにを選択するのか──

  • 島大介

    島大介 (CV:鈴村健一)

    24歳。ヤマト航海長。
    古代の決断を常に支持し、ヤマトの操舵桿を通じそれを実行してきた心優しき戦友。
    二人きりの時は、男同士の飾らない言葉で張り詰めた古代の心を和らげる。
    ヤマトが彗星内部に囚われ消息不明に陥ったのちは「波動実験艦 銀河」に配属。《人間らしさを捨ててでも人類存続を最優先》しようとする銀河クルーに対し、「そこまでしなきゃいけないのかよ!」と声を荒げ、熱い人間性を垣間見せた。
    「ゼムリア星」から脱出し戦線復帰したヤマトに帰還した島は、彗星都市帝国との最終決戦へ向け、いま再びヤマトの舵を握る。

  • 真田志郎

    真田志郎 (CV:大塚芳忠)

    33歳。ヤマト技術長兼副長。
    合理的判断を最大の武器とする天才科学者。
    テレサと会見し、「滅びの方舟」に唯一対抗できるものが、《ヤマトを中心とした「縁」の力である》…という啓示を受け取る。テレサが伝えることは、真田にとって「合理を超えたもの」だったはずだが、キーマンが仕掛けた「反波動格子」を逆に応用しトランジット波動砲を開発するなど、「縁」を力に変える道を模索し続けている。
    どれほど困難な局面でも冷静さを失わないが、「銀河」のコスモリバースを最大稼働させてアンドロメダと連携する作戦を藤堂早紀に具申した際には、それを否定する指揮A.Iに対し、「おまえには聞いていない!」の一喝を放った。

  • 徳川彦左衛門

    徳川彦左衛門 (CV:麦人)

    66歳。ヤマト機関長。
    最古参のベテラン機関士。イスカンダルからの帰還後、軍を退役する予定だったがヤマトの再整備計画が浮上したことで運命が大きく変わる。
    今次航海では、反乱同然の出航を強行した際、《右腕》と誰もが認める部下山崎を地球へ残したまま旅立つことになった。ガトランティスとの戦闘が大詰めを迎えるさなか、「波動実験艦 銀河」に乗艦していた山崎と再会した徳川は、ヤマト機関科への復帰を強く申し入れる山崎に対し、決してそれを認めようとはしなかった。
    「良いカマたきを育てろ」。かつての部下にその言葉を遺し、徳川は最後の戦場へ向かって行く。

  • 南部康雄

    南部康雄 (CV:赤羽根健治)

    25歳。ヤマト砲雷長。
    イスカンダルへの大航海を通じ、妙なエリート意識が払しょくされ軍人としての逞しさが大きく増した。

  • 相原義一

    相原義一 (CV:國分和人)

    26歳。ヤマト通信長。
    心優しく温和な性格。部下の面倒見の良さも健在。

  • 太田健二郎

    太田健二郎 (CV:千葉優輝)

    25歳。ヤマト気象長。
    大食漢でお気楽な発言が目立つムードメーカー。ヤマト出航に際し、到着が遅れた島を案じていた。

  • 榎本勇

    榎本勇 (CV:津田健次郎)

    40歳。ヤマト掌帆長。
    甲板作業・船外作業全般のオーソリティ。叩き上げのベテランで古代と島の士官学校時代の訓練教官でもある。

  • 加藤三郎

    加藤三郎 (CV:細谷佳正)

    27歳。ヤマト航空隊長。
    一見粗野だが、他者に対し繊細で、人の生き死にには誰より敏感な一面を持つ。
    月面の医療施設に家族を残して従軍しており、遊星爆弾症候群という不治の病に苦しむ一人息子〈翼〉の身を深く案じていた。
    テレザート星からの帰路、ズォーダーが仕掛けた〈翼〉の命を救う取引──「悪魔の選択」を受け、血を吐きながらヤマトを「裏切り」、重大な結果を招いてしまう。
    埋め合わせようのない過ちを抱え死をもって償うことだけを考えていたが、「どんな屈辱にまみれても生き抜くんだ」という土方の言葉を受け止め、恥にまみれても前に進むことを決意。再びヤマト航空隊の隊長として最前線に立つ道を選んだ。

  • 山本玲

    山本玲 (CV:田中理恵)

    23歳。ヤマト航空隊員。
    常にクールなたたずまいだが、内に秘めた想いの熱さは計り知れない。
    難易度の高い試作機「コスモタイガーⅠ」を手足のごとく扱う。
    鶴見二郎をはじめとする若手航空隊員の指導育成に情熱を注いでいた。
    テレザート上陸作戦では機動甲冑を使用して作戦に参加。慣れない機体をものともせず多大な戦果をあげる一方で、教え子の鶴見を戦闘で失う事態に直面する。
    クラウス・キーマンがテレザート星海上に墜落し生死不明となった際は、仲間を失う非情な運命に抗うかのように、身を挺してキーマンを救い出した。

  • 斎藤始

    斉藤始 (CV:東地宏樹)

    第十一番惑星に駐屯する部隊を束ねていた豪放無類の偉丈夫。戦いの厳しさを誰より知る、情に厚い不器用な男。防衛線が崩壊した後も住民の生命を守るため戦い続け、救助に駆け付けたヤマトに収容された。
    だが、この時点で本来の斉藤始は戦死しており、ヤマトの航海に同行した斉藤はズォーダーの傀儡《蘇生体》だった。むろん斉藤本人にはその自覚は無い。だが、斉藤は気づいてしまった。己こそが、自覚無きままスパイを演じさせられた《屍》だったのだ。
    絶望と慟哭。残酷な運命への憎悪。斉藤は果たして、ズォーダーの操り糸を断ち切り、人間として生きることができるのか?

  • 永倉志織

    永倉志織 (CV: 雨谷和砂)

    29歳 空間騎兵 隊第 7連隊副長
    男勝りの荒っぽい口調と裏腹に、純情な一面を失わない歴戦の女性空間騎兵。
    テレザート上陸作戦では副隊長を拝命。命を安売りしがちな男どもを一人でも多く生還させることを密かに思いつつ部隊を指揮。その一方で、ヤマトへの帰還命令を受けた後も単身で斉藤の後を追い、「ただの命令違反ですよ!」とうそぶきながら戦闘に加わった。
    大胆極まりない行動の裏側に、斉藤始への絶対の信頼と思慕がほの見える。
    その斉藤が《蘇生体》だったという事を知ったいま、永倉は斉藤始をどう愛するのか──

  • 倉田勝

    倉田勝 (CV:吉開清人) 

    29歳。空間騎兵隊第7連隊隊員。
    機動甲冑を使用した空間戦闘のプロフェッショナル。
    連隊随一のギャンブル好きだが勝率はさえない。攻めに転じた時の口癖は「行くぜ行くぜ行くぜ!」

  • 天城敏郎

    天城敏郎 (CV:斉藤次郎) 

    28歳。空間騎兵隊元第7連隊隊員。
    空間騎兵随一の巨漢。小さな野花を愛でる心優しき大男。
    不言実行を旨としているわけではないが、めったなことでは口を開かない。

  • 古橋弦

    古橋弦 (CV:髙階俊嗣) 

    32歳。空間騎兵隊第7連隊隊員。
    斉藤直轄の部隊の副隊長を務める。瞬間の判断力に優れ、斉藤も全幅の信頼を置く古参兵だったが、ガトランティス兵の自爆攻撃に遭い命を落とす。
    テレザート上陸作戦で斉藤が使用した機動甲冑にマーキングされた「008」は古橋のナンバーである。

  • 加藤真琴

    加藤真琴 (CV:佐藤利奈)

    25歳。旧姓・原田真琴。もとヤマト衛生士。
    加藤三郎の妻。軍を退役後、長男〈翼〉を出産。だが、翼が満1歳の時〈遊星爆弾症候群〉を発症したことで幸福な状況は一変。現在は月面の医療施設で治療を受ける翼に付き添い続けている。不安を押し殺し、夫をヤマトへ送り出した。

  • 加藤翼

    加藤翼 (CV:高森奈津美)

    3歳。加藤と真琴の長男。飛行機とヤマトが大好き。
    遊星爆弾の残留汚染物質に二次感染した新生児たちが収容される医療施設で治療を受けている。〈遊星爆弾症候群〉は抜本的な治療法が確立されておらず、医師からはわずかな余命を宣告されていたが、突如ガトランティスからもたらされた〈特効薬〉により現在は健康な体を取り戻しつつある。

  • 佐渡酒造

    佐渡酒造 (CV:千葉 繁)

    58歳。ヤマト衛生長・医官。
    医術の限界、諸物の無常を誰よりも知るオールラウンダーの名医。
    森雪の密航への積極的な協力、ヤマトへ収容された土方に艦長就任を遠回しに薦めるなど、型にはまらない人との接し方は健在。

  • アナライザー・AU09

    アナライザー・AU09 (CV:チョー)

    ヤマトの自立型サブフレームで、解析担当ロボット。
    正式名称や略称型番で呼ばれるのを嫌い、「アナライザー」と呼ぶことを周囲に要求していたが、その甲斐あって現在は多くの者が彼を「アナライザー」と呼んでいる。

  • 西条未来

    西条未来 (CV:森谷里美)

    24歳。ヤマト船務科員。電探士。
    森雪とともにレーダー手を務める。過酷な戦闘中も、美しい黒髪をかき上げながら的確に状況分析を行う才女。

  • 平田一

    平田一 (CV:伊勢文秀)

    27歳。ヤマト主計長。
    年齢は上だが古代、島とは同期の間柄。穏やかで温かい人柄で多くの者に慕われている。食料をはじめとする物資全般の管理を統括している。実は大の虫嫌い。

  • 北野哲也

    北野哲也 (CV:木島隆一)

    24歳。ヤマト戦術科員。宙雷士。
    控えめではあるが、非常に有能で古代、南部からの信任も厚い。
    もともとは航海科配属を希望しており、「いつかヤマトの操舵桿を握ってみたい」という想いを胸に秘めている。

NEXT

CHARACTER & MECHANIC TOP